邦画(は・ま)

BALLAD 名もなき恋のうた

再び片道1時間弱かけて行って来ました~。映画館で映画を見るのは1ヶ月振りなんですが、ブログを書くのは×ヶ月振りですね~coldsweats01

メンズデーという事もあって混んでるかと思ったけど、意外と空いてましたheart04
女が私1人だったのにはびっくりしたけどrain

クレヨンしんちゃんが原作な作品ですが、実はクレヨンしんちゃんを見たのは過去に1度きり。
ただ、しんちゃんが好きな人からは「感動するんだよ~」と聞いてたので、作品としてはいいんだろうなぁと思ってました。ので、見る前の期待は大
 

草なぎ&ガッキーのW主演かと思ってたら、ストーリー展開の目線はあくまでしんちゃん(しんいち?)でした。主要キャストはじめ、脇役キャラも手堅く固めている為、見てて非常に好感&安心感が持てます。
とくに誰の演技がうさんくさそう・・・・とかそういうのが無かったので、素直にストーリーにのめり込めました。

ガッキーの姫役が思ったより可愛いかったです、芯が強くて、ちょっと命令口調な話し方とか、やたら好奇心丸出しなとことか、車に乗っちゃう怖いものしらずな感じとか、他の人が演じたらきっと全然違う姫が出来上がって映画の評価が悪く変わっちゃうんじゃないかなぁと思います。(逆に良くもなる事もあるだろうけど。。。)

 
あの無邪気さや健気さ、素直さあっての今回の作品だと思ってます。と珍しくガッキーを高評価sweat01

恋愛映画と銘打ってはいますが、家族愛だったり、ちょっとコメディチックになったりと見所はたくさんあります。なにより戦争に赴く人達が「この時代に生きてた証を残せた」と言った言葉はジーンと来ます。
国民の生<国の存続 個人の自由<国の意志 が重要だった時代です。「証を残す」なんて今の時代よりずっとずっと難しかったと思います。
 
だから姫に残す最後の言葉に 「自由に生きて欲しい」 と言ったとき、不覚にも涙がとまらなくなりました。
 
 
戦国時代だからと決して難しい話でもなく、恋愛映画だからと胸焼けすることもありません。

好き嫌いをせず見ても、下手な後悔はしない作品なんじゃないでしょうか?私は(クレヨンしんちゃんに)好き嫌いせず見て良かったと心から満足しております。
単純だから泣ける、そこをガッツリ突かれた作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)