邦画(さ・た)

デトロイト・メタル・シティ

 

これはねぇ、お知り合いさんが漫画を持ってて絶賛でした。
前にAmazonでアニメも公開されておりました。
見たが、あほのように笑えました。

タワレコでクラウザーさんのうちわをもらいに行った事を思い出します(-ω-)

 

ジャンルはラブコメ?いや、単純にコメディ。
言ってる事は結構ブラックで、歌とかひっどい歌詞ですが。

・・・・・それが面白いんだよねぇ(´-`).。oO(・・・・・・)

生まれた時にお母さんを殺○しちゃった(という噂の)クラウザーさんは、母の日に毎年メッセージ付きでカーネーションを贈るとってもいい子です。

 

ぶっちゃけこの映画で考えさせられるものは何も無いが、ストレス解消で見るには何も考えなくていいので良いです。

笑えたのは最後、クラウザーさんが思わず歌ってしまった根岸の歌を「これがDMCの新曲なんだ・・・」と頑張って受け入れようとしたファンの人たちでしょう。
あの葛藤具合がなんとも言えん。

でもなぁ・・・。終わりが微妙だったなぁ。続くのか~?みたいな。

 

松ケンは「歌が下手」と自分で言ってたけど、劇中は全部別の人が歌ってるんだね。
そこまではっきりエンドロールで流れたら、逆にあっさり受け入れてしまえるわ。
いかにも「私が歌いました」って演技する人よりずっと潔くて、好感持てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)