« クローズZEROⅡ<PGー12> | トップページ | 2008年のランキング »

WALL・E

 

ウォーリーは誰もいなくなった地球にたった1人(基?)いる、お掃除ロボットです。
最初は感情なんて無かったけど、700年生き続けているうちに色んな感情が生まれるようになりました。
驚いたり、和んだり、喜んだり、・・・・そして1人ぽっちの自分を寂しいと感じたり。

地球はゴミの山でウォーリーによってゴミのビルなんかも作られてます。
水はないし、巨大な砂嵐(竜巻??)が発生したり。
じゃあ、人間はどこに行ってるかって言うと・・・・、宇宙船に乗って宇宙に逃げてしまったわけです。箱舟状態です。

たった1人で生き続けるウォーリーの前に現れるのが、植物探査ロボットの「イヴ」。

ロボット主演なので、セリフは少なめです。ウォーリーは「ウォーリー」と「イヴ」の片言でしか喋りません。後は「ウッ?」とか「オォ!」とか。
なのに感情がメチャメチャ豊かです。
目のちょっとした変化とか首を傾げる具合とか、見てると「カワイイー><」ってなります。コレ、和める。

イブの感情表現はもっとわかりやすい。目が電子掲示板みたいなのになってるから、ちゃんと「^^」とかなるわけです。(ウォーリーの目は双眼鏡みたいな○○って感じ)

 

ウォーリー、イヴの為にめっちゃ頑張ります。
世間知らずのせいでちょっと抜けててトンでもない事をやらかしたりもするけど、純粋すぎて憎めない。
これが人間がやってたら、多分私は苛々してたかもしれん。
一生懸命すぎて目で追ってしまうのです。

イヴのちょっとはちゃめちゃな感じも好きです。
キレて船を攻撃して大爆発させた後は、ちょっと後悔してます・・・。

 

イヴが待機モードに入ってしまい、壊れたΣ(・◇・ )と思ったウォーリーが直そうと色々手を尽くすわけですが、そんなウォーリーの頑張りがイヴに伝わるシーンはマジ泣けそうです。

そして本当に壊れてしまったウォーリーをイヴが直した後のシーン・・・。
イヴを忘れたウォーリーにまた泣きそうになってしまった。

2人の一生懸命さが凄くかわいいです。
見てるこっちも必死になりますっ!

一緒になって頭抱えたり、落ち込んだり、叫びそうになったり。
2人が楽しくしてるシーンは顔がニヤついた。

 

良かった1人で見てて(-ω-)

 

久しぶりに映画の当たりを見つけた気分。
ディズニー映画でここまで感動したの早々ないかも。
ダンボに続く、私の中のヒット作品になりそうです。

|

« クローズZEROⅡ<PGー12> | トップページ | 2008年のランキング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202943/29286732

この記事へのトラックバック一覧です: WALL・E:

« クローズZEROⅡ<PGー12> | トップページ | 2008年のランキング »