« おくりびと | トップページ | グーニーズ »

映画のレイティングシステム

知り合い向けに書いてるブログなら、こんな事は書かないんですが。
映画を紹介(まぁ、ただの感想だけど)するならそれなりに則ってちゃんとやりたいなぁ・・・と言うのが本音なので、一応書いておこうと思いますconfident

映画のレイティングシステム ってだけ聞くと「はて?」という感じですが、簡単に言うと年齢制限です。
映画倫理規定(略して映倫)によって映像に暴力シーンはないか?shockとか性的に過激なシーンはないか?catfaceっていうのをチェックし、年齢制限を設けるんです。

劇場公開される作品で重要なのが下の2つ

 PG-12 ~ 12歳未満及び小学生以下の鑑賞は保護者同伴が望ましい。

 R-15 ~ 15歳未満及び中学生以下の鑑賞は不可。

これらはチラシだったり、上映スケジュールだったりに必ず明記されてるので確認してみて下さい。「せっかく行ったのに入れなかった~sad」って事も無くなります。下の方に小さくだったりするけどcoldsweats01

PGは「任意だけど出来る限り保護者と一緒に見てくれるとうれしいなぁ」って事で入れない訳ではないですが、Rは言葉の通り「金払おうが何しようがその映画は見れませんよ(大人になったら見てねwink)」って事です。
R-18ってのもありますが、18歳未満及び高校生以下の鑑賞は不可って意味になります。地方自治体によっては、レイトの時間帯にR-18が指定される場合があります。

ちなみにどこまで守られてるか・・・ですが、私が居た所はかなり厳しくやってました。
年齢詐称して入られる方も居るんですが、かなりの高確率でバレてますcoldsweats01田舎で来場される顔ぶれがだいたい決まってるから、と言うのもありますが。

一応劇場側としても『営業停止』の言葉がちらついてますのでご協力してくださるとうれしいですcoldsweats01(私はもう辞めてるけど)

ただこの年齢制限、PGとRの境目ってどこなんだ?といつも思いますね。色々見てると余計わからなくなりますsad
ある邦画は、結構過激な性シーンに「これってRかな・・・?coldsweats02」と思ったらPGだったりして、見てたスタッフ一同で物議を醸しました。公開後はお客様が慌てて飛び出して来た事もあります(;´д`)
正直な感想を言ってしまうと、もしかして結構いい加減なんじゃ・・・・と思ったりもして。

|

« おくりびと | トップページ | グーニーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202943/29143891

この記事へのトラックバック一覧です: 映画のレイティングシステム:

« おくりびと | トップページ | グーニーズ »